イージーケア

50代のファッション

アラカン世代[50代、60代]も毎日履きたくなるパンプス「steppi(ステッピ)」♪雨の日も軽やかな足取り

私たち世代って、いろいろな意味で移行期で、靴を選ぶ基準もまたどんどん変化しているのではないかと思います。私の場合は、50代の半ばくらいまでは、ヒールが5、6cm以上あるパンプス一択で過ごしてきました。 ですが、来年60歳を迎える今は、ヒー...
50代のファッション

50代、60代も困った時の「ジレ」頼み|イージーケアでオフィス・カジュアルにも[アラカン・ファッション]

さっとはおるだけで、今どき感がアップする「ジレ」♪ 縦シルエットを作ってくれる「ジレ」は、体型カバーもしてくれるし、私たち世代にも恩恵をいただけるアイテムです。今季は本当にあちこちで見かけますよね。ヴァリエーションも豊富なので、どんな「ジ...
50代のファッション

夏に向かって、アラカン50代も着たくなる汗染み防止Tシャツを「osharewalker」で見つけた♪

夏に向かって買い足したいアイテムを「osharewalker(オシャレウォーカー)」さんで見つけました♪ 「osharewalker(オシャレウォーカー)」さんは、株式会社 mighty(マイティ)という大阪のアパレル会社の通販サイトです...
50代のファッション

50代、60代の春ニットは、UNFILO(アンフィーロ)の綺麗カラーで、品よく心地よく♪

着心地のよい素材のニットがとても好きな私。3月にもなるとさすがにウール系のニットはもう着たくなくなりますが、だんだん軽やかになってくるこのシーズンは、汗と上手にお付き合いできるような軽やかで優しい素材にシフトして、やっぱりニットを着たい♪ ...
50代のファッション

50代、60代、冬から春へのニット選びはやさしい素材で色遊び♪コスパも良いアンフィーロのニットたち

2月になって、冬物の暖かなお洋服の最終セールが始まっていますね。まだまだ1ヶ月は十分着られるから欲しくても手が出なかったものとかゲットのチャンス! だけど、やっぱり春物も気になる(笑)。そんな悩ましい季節ではございますが、オンワードさんのS...
50代のファッション

[大人のカジュアル]この秋冬はUNFILO(アンフィーロ)の「エアーキルト・ジレ」が断然オススメな理由|部屋着、アウター、コートのインにも♪

オンワードさんのカテゴリーとして、ジャケット/アウターで販売されている「UNFILO(アンフィーロ)」の「エアーキルト・ジレ」。もちろん、アウターとして、ちょっとそこまでと気軽に羽織れるアイテムなのですが、お家の中でも重宝する一品なのです!...
50代のファッション

50代、60代のニット探しはオンワード「自由区」のwebブランド「UNFILO(アンフィーロ)」で

基本的に私はニットが大好きなのですが、季節の変わり目もやっぱり「ニット」が大活躍! カラフルニットも顔映りを明るくしてくれたりしてワードローブに割と多めにあるのですが、今季はボトムスにカラーを取り入れたくて、グレー系を選んでみました。黒や...
50代のファッション

50代、60代以上だからこそ、狙いたいファッションは「綺麗めアスレンジャー風」|まずはシーズンレスで使える「ジョグパンツ」から!

コロナが始まる前と今とでは、だいぶワードローブの中も変わってきています。以前は「おしゃれ」だけに意識が集中しがちだったのだけれど、今はそこに+αとして、「リラックスできる肌あたりの良いお洋服」、「イージーケアなお洋服」は必須条件! 先日、...
50代のファッション

50代、60代「おうちで着るワンピース」の譲れない条件は何?|家事、在宅ワーク、etc.

コロナ禍という悩ましい環境がもう1年以上も続いているわけですが、ライフスタイルがかなり変わってきていますよね。テレワーク、在宅ワークという形も定着してきて、おうちで過ごすことが増えている今、皆さんはどんなお洋服で過ごされていますか? ひと...
50代のファッション

マキシ丈ワンピやスカートにレギンスやゆったり系のパンツをレイヤードしたいの|50代、60代、大人のリラクシー(テレワークにも)

現在私は月に1、2日の出社以外、ほとんどおうちでお仕事をする生活を送っています。そんな生活を始めて1年以上。快適に過ごせるお洋服、それでいてだらしなくならないお洋服、そんなお洋服を探してきました。 今は各ブランドもおうち時間を軸に「リ...
50代のファッション

50代以上のオフィス・カジュアルは少しだけトレンドも意識しつつイージーケア、着やすさを重視♪ボウタイブラウス&Iラインのレーススカート

50代以上にもなると、会社の中でも役員をされるようになったり、リッチな生活をされている方も多いのかもしれませんね。 しかしながら…私は「ヒラ社員」のままなので、やはりいまだに「庶民」でございまして(苦笑)、「庶民的価格」という言葉には、大...
タイトルとURLをコピーしました