50代、60代も困った時の「ジレ」頼み|イージーケアでオフィス・カジュアルにも[アラカン・ファッション]

さっとはおるだけで、今どき感がアップする「ジレ」♪

縦シルエットを作ってくれる「ジレ」は、体型カバーもしてくれるし、私たち世代にも恩恵をいただけるアイテムです。今季は本当にあちこちで見かけますよね。ヴァリエーションも豊富なので、どんな「ジレ」を選んだら良いのか迷っている方もいらっしゃるかもしれませんね。

オンワードさんの「自由区」のwebブランド「UNFILO(アンフィーロ)」から何度も売切れ→再販を繰り返している「ジレ」がありまして、私も2ヶ月待ちでやっと購入できたのでご紹介したいと思います。

●困った時の「ジレ」頼み…!

今回、加えてあげるスパイス的存在の「ジレ」は、オンワードさん「自由区」の webブランド「UNFILO(アンフィーロ)」の「ジョーゼットジャージー ジレ」です。以前ご紹介した「ジョグパンツ(記事→ 最愛ジョグパン)」とセットアップとしても着られるので、本当に重宝しています。

「ジレ」を加えてあげるだけで、私ったらおしゃれさんになるわ♪ と思ってしまいます(笑)。

1. 垢抜けない、体型出過ぎてしょんぼりのTシャツ&デニム

例えば…Tシャツにデニム。ごくごく普通のスタイル。スタイルの良い人なら、これで十分かもしれないのですが、私の場合はちっとも垢抜けしません…。体型が露骨に出てしまうTシャツはここ数年の間に絶対外に着ていけないコーデとなりまして…(とほほ状態)。下の左の写真は載せたくないかも…とすら思った写真(苦笑)。でも、「ジレ」というスパイスを加えてあげると…。

ジレを羽織れば、いちいちトップス着替えなくても近くのコンビニとかお外に行っても許されそうな気がします。

2. 甘過ぎ? 頑張り過ぎ?

ふんわりお袖、流行りの大きな襟付きのブラウス。甘さを抑えようと思ってパンツにしたのは良いけれど、色のチョイスがピンクはやっぱり甘すぎ…? 頑張り過ぎ感が出てしまいそう?

ジレを加えてあげたら、少しクールダウンできた感じです。ちょっとは仕事できる人風になったような…?

3. ぼんやりし過ぎ、メリハリが欲しい…

同系色のベージュ・コーデはおしゃれなはずで、好きなんだけれど…。あれ…? なんだか顔もぼんやりしてしまう…。

でも、「ジレ」というスパイスを加えてあげるとメリハリがついてお仕事にも着ていける雰囲気になりました。

こんなに簡単にスタイルアップできてしまう頼れる「ジレ」すごい(笑)!

●アンフィーロの「ジョーゼットジャージー ジレ」のここが素敵!3つのポイント

1. ちょうどよい大きさのポケットが一番のお気に入りポイント!

このジレで自分的に一番気に入ったポイントは切りポケットというかシームポケットというかポケットの名前は謎なのですけれど、ステッチの入っていないとてもシンプルなポケットがついていたこと!

真上から手を入れられるタイプで、立体的になっているバストラインあたりのダーツと身頃の脇パターンを利用したシンプルなもので、ジレの雰囲気を壊さず、すごく高級感を感じます。美しいラインだなぁって自分的に好きなシルエットなのです。

それでいて真上から出し入れできるポケットは本当に使いやすくて便利!
ジャケットなどはポケットはほとんどついているけれど、ジレでついているものって意外と少ないような気がします。しかも、ポケットの大きさが絶妙で、スマホや携帯用の除菌スプレーなどもスッポリとおさまってくれるのに、ゴロゴロしない作り(これもパターンの成せる技じゃないかと思います)になっていて、とにかく自分にとってはポイントが高くて本当に使いやすく気に入っています。

2. 生地感=上品、ストレッチ、シーズン問わず使える

これは同じ生地のシリーズの「最愛ジョグパン」(ジョグパンツ)でこの生地の良さにしっかり味をしめていたので(笑)、ジレもこの素材だったら間違いないと、迷わずセレクトできたポイントでした。

同じ生地の「最愛 ジョグパン」は、アイボリーとブラックを持っているので、並べてみました。

ジョーゼットという少しシボのある柔らかで品のある生地はチープに見えません。伸縮性もあるし、素材自体が見た目より軽く感じます。シワにもなりにくいし、お洗濯も楽々。

私たちは世代は、「ジョーゼット」というと高級ドレスの生地の印象を持っている人も多いのではないかと思います。私もそうでした。昔は絹を素材として織られているものも多かったようなのでそんなイメージがあるのかもしれませんが、ポリエステル(95%)とポリウレタン(5%)で織られているので、こういう普段使いできるアイテムとして、使いやすくなっているんですね。

麻素材だと夏だけしか着られませんが、ジョーゼットはシーズンを問わず(さすがに真夏の暑さでは厳しいですが)に使えるので、出番が多いと思います。

3. 丈感、襟元のすっきり感…幅広いファッションに対応

他のブランドでもジレを最近眺めることが多いのですが、ロング丈のジレも確かに素敵だと思うのです。が、それはある程度モデルさんのような体型であれば着こなしも垢抜けますが、私のような身長が低い人(155cm)、しかもぽっちゃり系の人だと「着られちゃう感」が強くなってしまいそうと思ってしまいまして。

Mサイズで90.4cmという着丈は自分的にすごく馴染みが良いと思いました。

ちょうど膝あたりの丈になるので短すぎず長すぎない。パンツでもスカートでも合わせやすい丈感なのです。

そして、横からの姿もサイドスリットが入っていることによって、縦ラインができるので、さらにスタイルアップして見えるのではないかなと思っています(ブラボー!)。

V開きになっているノーカラーのデザインもインに入れるお洋服を選ばないので、ちょっとクセのある襟元でもくどくならないし、普通のシャツ系の襟もおさまりが良いので、細かなことを考えずコーディネートできるという点でも、シンプルだからこその良さがあって、自分的にはポイントが高いです。

寒くなったら、タートルネックなどをインしてもかっこよく着られそう!

●気楽に「再入荷お知らせ」に登録して大丈夫

このジレはとにかく最愛ジョグパンと共に人気のある商品なので、品切れが早く、再販されたあともあっという間に「再入荷お知らせ」表記が増えていってしまいました。

オンワード・クローゼットさんには「再入荷お知らせ」を登録するシステムがあります。

実は私も2度ほど購入を逃してしまって…。どうしても欲しくて「再入荷お知らせ」に登録しまして、結局2ヶ月くらい待ちしました。

オンワードさんの嬉しいシステムとして、もし、待っている途中で「やっぱりもういいや」と気が変わったとしてもキャンセルしても大丈夫なので、割と気楽に「「再入荷お知らせ」に登録できます。

なので、気になっている人は登録しておくことをオススメしたいです。

今回は暑くなるからあまり着なくなるかもしれないな…とは思いつつ、欲しい気持ちは持続して、手にとってみてやっぱり「待ってよかった!」って思いました。

これから本格的な暑さの前に、梅雨寒の時でも着たくなる機会はまだまだありそうですし、8月も終わりになれば、「ほんのり秋」っぽいお洋服が恋しくなるので、そこでもまた出番が増えそうですし、1着あると便利だと思います。

色は今のところ上記のブラック以外は、アイボリーとネイビーの3色展開。

アイボリー

ネイビー

私はブラックにしましたが、購入する時はネイビーもすごく気になっていて長い時間迷いました。上のネイビーコーデがめっちゃ好き過ぎて(笑)。結局持っているジョグパンツの色と合わせてブラックにしましたが、やっぱりセットアップ的に使えるのも便利なので、これはこれで正解だったと思います。とはいえ、ネイビーのセットアップはいまだに欲しい・・・(笑)。

これからの季節はアイボリーもいいなと思います。

ただ、どの色にしても手持ちのお洋服には馴染みやすい定番カラーだと思いますので、失敗はないのではないでしょうか。

サイズは、S、M、L、XLの4サイズ展開です。多分、モデルさんの写真も更新されたので近々、売切れ分の再販補充?が近いのでは…と予想中(外れたらごめんなさい)。

ちなみに私は、身長155cm、体重50kgでMサイズを着用。特にキツく感じる部分もなく大きすぎる感じもせずに着用できています。

気になった方はこちらからどうぞ。

アンフィーロ「ジョーゼットジャージジレ」S〜Lサイズはこちらicon 9,990円(税込)

アンフィーロ「ジョーゼットジャージジレ」XLサイズはこちらicon 10,990円(税込)

実は夏素材の「ジレ」も新登場しています! UNFILO(アンフィーロ)のほかのアイテムも見たい方はこちらからどうぞ → UNFILO

オンワード・クローゼット

■初めてオンワードでお買いものされる方へのお得情報■
初めてオンワードさんでお買い物をされる方は、「ウェルカムクーポン」があるので、ぜひご利用くださいね!(無料の会員登録が必要です)
・初回ご購入金額が5,500円(税込)〜10,999円(税込)の場合、1,000円OFF
クーポンコード→ hjmt1000
・初回ご購入金額が11,000円(税込)以上の場合、2,000円OFF
クーポンコード→ hjmt2000
クーポンの使用方法など詳細はこちらからどうぞ
オンワードの「ウェルカムクーポンプレゼント」詳細ページへicon

*この記事では、オンワード様より、一部ご提供いただけることになったアイテムも掲載しています。

●スポンサード リンク●

タイトルとURLをコピーしました