2018-11-13
  • 働く50代のファッション、メイクアップ〜身長が低くても、お洒落したいの♪

50代が選びたいファンデーションはカバー力があってコスパの良いもの!DHCのQ10シリーズ

私たちの世代50代のファンデーション選びはとにかく大変!

だって、シミ、くま、くすみが気になるがあまり、どんどん厚塗りになってしまったり…。若い頃に比べて肌も疲れやすくなってきているので、長い時間お化粧がお顔にのっていると息苦しくなってきたり…?!

悩みは本当につきなくて…

そんな時、ふと手をさしのべてくれたのがDHCさんのQ10シリーズのファンデーション!

 

 

実はDHCさんの化粧品はいろいろと体感済みでして、気がつくと私の化粧ポーチにはDHCさんのメイク用品に占領されていました(笑)。

とはいえ、リニューアルされたというパウダリーファンデーションはまだ未体験! このたびDHC様よりご提供いただけるとのことで使わせていただきました。

その名は「Q10モイスチュアケア クリアパウダリーファンデーション」!(な、長い(笑))

 

*カバー力がある+透明感を引き出してくれる*

透明感もカバー力も!?
そんなに欲張りなファンデーション

“光を纏(まと)う” ルミニストヴェール処方

写真で「ソフトフォーカス」をかけて撮るなんてたまに聞いたことありませんか?
ふんわりとぼかしながら撮影する方法なんですけれど。

 

 

 

それを肌の上でもやってしまえ! 的な発想のファンデーションがこのDHCさんの「Q10クリアパウダリーファンデーション」。肌の上をソフトフォーカスしてくれれば、毛穴や肌の凹凸、そしてくすみなどもぼんやり目立たなくしてくれるというわけですよ。

 

 

 

どうしてそんなことが出来るのかというと、2層になっている光のヴェールがその鍵を握っています!

リフレクトカバーパウダー=毛穴や凹凸、シミなどをカバー

美肌色再現パウダー=くすみ・シミをカバー

色だけではなく、光を味方につけてくれるパウダーが2層になってくれるというわけです! なんて素敵なのでしょう(*´艸`)

 

 

*Q10だから美容成分も期待できる*

昔のファンデーションって、塗っていると肌が疲れてきてよれてきたりっていうのが多かったですよね(遠い目)。最近はそんな悩みを払拭してくれるような「美容成分配合」というファンデーションがとても増えてきています。

DHCさんのファンデにももちろん! 配合されています。

 

 

「コエンザイムQ10」を中心に、

「うるおい成分」である
「スイゼンジノリ多糖体」
「セラミド」
「メバロノラクトン」

「ふっくらハリ成分」である
「マチルス樹皮エキス」
「マリンコラーゲン」

そして乾燥による肌の濁りや、キメを整えることによる肌本来の透明感を引き出してくれる
「ウメ果実エキス」が

ぜいたくに配合されているんです♪

 

 

これらは、全て加齢に伴う透明感の低下に着目したという最新のトリートメント!

リニューアルされたファンデーション、実は上記の2つが大きなポイントなんです!!

まさに私たち50代世代に欲しいものばかりじゃないでしょうか?

 

*使ってみました☆コスパよ~し!*

DHCさんのファンデは今までクリームタイプを使ったことがあったけれど、その時も確かにカバー力が良かったので、しばらく使い続けていました。こういうブログを作っている関係で他社様のモニター品なども使用させていただくことも多いのですが、自分で購入する時はDHCさんのファンデに戻ってきている感じです。というのも、コスパも良い上に期待にも応えてもらえるから( ´艸`)

 

 

若い頃は断然パウダリーファンデが好きだったのですが、いつの頃からか、乾燥が気になってクリーム系のファンデが多くなっていました。なので、今回パウダリーファンデ、しかもこの乾燥が厳しい冬に使って大丈夫かな? と正直なところ、ちょっと不安もあったのですが、使ってみると全くの取り越し苦労でした。

お仕事に行く前にお化粧をして、定時くらいまでなら、お化粧崩れすることもなく、むしろ良い感じに自然に馴染んでいて、肌が喜んでいる状態が続いているような、そんなファンデーションなんですよ♪

 

 

もちろん下地クリームもDHCさんのものを使って使用しています。

(下地クリームもとても大事! これは別記事にてご紹介しますね。)

 

楽譜はモーツァルトの「きらきら星変奏曲」です。お肌もきらきらしたいですものね( ´艸`)

50代になってからというより、昔からなのですけれど、実は私、集合写真を撮った時に他の人より2トーンくらい顔色が暗い…そんな悲しい経験を積んでまいりました。。。orz

くすみやしみは本当に悩ましい思いをしてきましたけれど、DHCさんのファンデに出会えてからは落ち込むところまでは気にならなくなってきた感じがします。

 

 

カバーしてくれるのに、厚化粧っぽくならないのもすごく嬉しい。

やっぱり肌の色が明るくなるとアイシャドウやチークなどのメイクアップが映えますよね。メイクアップがうまくいくと、自然に表情も明るくなります! という素敵な連鎖の第一歩が始まるわけです。

ファンデーション選び、しっかり見極めたい年頃ですよね♪

ファンデの色は全部で7色

・ナチュラルオークル00:明るい肌色

・ナチュラルオークル01:やや明るい肌色(明るめの標準色)

・ナチュラルオークル02:自然な明るさの肌色(標準色)

・ナチュラルオークル03:健康的な肌色

・イエローオークル01:黄みのあるやや明るい肌色

・イエローオークル02:黄みのある自然な明るさの肌色

・ピンクオークル01:ピンクみのあるやや明るい肌色

 

DHCさんのファンデーションはこちらからどうぞ

【母の日限定】ルミニストファンデセット<リフィル>(プレゼント付き)

DHC Q10モイスチュアケア クリアパウダリーファンデーション<リフィル>

DHCメークアップスポンジJ

DHCベースメークシリーズ専用コンパクト(クリア)

 

 

*この記事はDHC様より商品をご提供いただいた上で執筆しています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です