• 働く50代(アラカン)のファッション、メイクアップ〜身長が低くても、お洒落したいの♪

涼しいブラ、ナイトブラを探している人はジニエブラエアーを試してみて☆50代、60代以上も快適

インスタなどでもたまに見かける「ジニエブラエアー」。
「ジニエブラ」から更に進化したという「ジニエブラエアー」は、ノンホック、ノンワイヤーはもちろん引き継がれ、そして通気性が大きくアップしたのだそうです! しかも可愛いカラー展開なので、「エアー」になる前から実は気になっていました。

 

 

このたび、ダイレクトテレショップ様よりご提供いただけたので、私も「ジニエブラエアー」デビューです!

どんなブラなのか、ご紹介していきますね。

 

●ジニエブラエアーの特徴とつけ心地

 

1、生地に秘密が…! 緻密な「織」

初めて「ジニエブラエアー」を手にした時にまず驚いたのが、生地の「織」のヴァリエーション!

 

 

拙い写真で恐縮ですが、 ↑ パーツごとに違った「織り方」になっているのがわかりますか? そしてそれがまるでパズルのように複雑に組まれているのもわかりますか?

 

ダイレクトテレショップ様よりお借りした写真です。こういう機械で360度編み込んでいくのですね。

ジニエブラって「360度立体編み」が採用されているんですって。

編み物とかされている方ならおわかりだと思うのですが、この複雑なパターンを、360度ぐるりというのは、本当に緻密な計算の成せる技だと思うのです。

 

そして、360度の立体編みということは…!

つまり、継ぎ目がないということなんです!!!

 

もともと肌があまり強い方ではない私は、継ぎ目とかタグが肌に触れると痒くなったり、ごろごろが気になったり…しかも年齢を重ねるごとにストレスを感じるようにまでなって、密かにずっと悩まされてきたことでした。ですが、まずここで一つストレスが減りました♪

ちなみに、洗濯表示も直接印字されている状態なので、もちろんタグもついていません。

 

 

肌にあたる部分への「こだわり」を感じます。
ここ数年、こういうあたりは特に敏感にチェックするようになってきました。

 

2、フィット感、ホールド感

ノンワイヤーなので、フィット感とか、ホールド感って、どんな感じなのかしら? って実は気になる部分じゃないでしょうか?

 

まず、伸縮性を見てください。多分、本当はもっと伸びます(ちょっと伸ばすのに躊躇しました(笑))。それでも結構伸びているでしょう? 普通のブラってこんなに伸びませんよね。

 

 

この方向じゃなくても同じように伸びるんです。と、いうことは、いろいろな形のバストにフィットしてくれるということです。

前述した複雑な「織」の違いというのは、フィット感やホールド感にも繋がっているのだということが着用してみてわかりました。

決して締め付けられるという「キツさ」ではなく、しっかり支えてくれているようなつけ心地です。

 

 

アンダー部分の幅が割と広めにとられているので、ずりあがってくるような不安感もないのですよ。(お見苦しい写真でごめんなさい。)

全方位から、ふわっと包み込んでくれるような安定したホールド感があることも私が気に入ったポイントの一つです。

 

3、楽な形状

さらに、肩紐部分はというと、タンクトップなみに幅広なので、肩への食い込みも緩和してもらえますね。ショルダーの幅は3.5cmもあるので、ちょっとお胸の大きめの方も安心幅ではありませんか?

 

 

「はみ肉」の気になる「脇部分」は、かなり高さのあるデザインになっているので、はみ出しがちなお肉もしまいやすい設計です♪

背面も幅広設計になっているので、背中のお肉も優しく押さえてもらえて、ホールド感がよりアップしている着心地です。背中細めのブラだと、どうしてもお腹みたいに背中まで段々畑か? 状態になってしまうけれど、このデザインだとかなり目立ちにくくなりますね。

 

 

ブラとしての面積を考えるとかなり大きめなので、胸元の広く開いたお洋服を着たい時は、はみ出したりはしますね。ただ、色によってはタンクトップのように、あえて「見せて」着用しても違和感のない生地だと思うので、カジュアル系だったら、おしゃれにコーディネートして遊ぶというのも「あり」じゃないかと思います♪

 

 

●汗世代には特に嬉しい通気性

 

強烈に暑い夏の汗ばむ時季はもちろんですが、更年期世代の私たちって、ホットフラッシュに悩まされている方も多いと思います。私も酷くて酷くて…。だからインナーは「汗対策」できるものを選ぶようになっています。今までブラはそんなに考えたことがなかったのですが、「ジニエブラエアー」を着けるようになって、ああ、ブラもやっぱり汗のことを考えて選んだ方が自分的には快適なのだなぁということがわかりました。

 

 

生地の透け感を見ていただくとその「エアー」っぷり(笑)がわかっていただけるのではないかと思います。

そして「ジニエブラエアー」のすごいところは、実はパッドもまた通気性にこだわったオリジナルのものが使われているのです!

 

 

パッドを取り出して撮影したものです。↑

パッドにまでこういう通気孔のようなものがついているものって今まで見たことがなかったので、すごいなぁ〜って素直に思いました。もちろん、パッドが苦手な方は外して着用もできますけれど、熱がこもりにくい工夫がされているので、一度入れたまま着用を試されるのも良いかもしれませんよ♪

 

 

少しでも通気性の良い「涼しいブラ」を探している方には朗報じゃないかと思います。

ちょっとこれは余談なのですが、ダイレクトテレショップさんからのある日のメルマガに、熱気ムンムンのライブ会場に出かけられ、通気性のあるジニエブラエアーの恩恵を受けられたというスタッフさんのお話が載っていたことがあって、思わず納得しちゃいました(笑)。

 

●ナイトブラとして着けている「ジニエブラエアー」

「ジニエブラエアー」は、もちろん日中着けていても良いのですが、私は寝る時用のナイトブラをずっと探していまして…。もともとノーブラ派だったのですが、40代を過ぎた頃から、寝る時のブラは大事! ということを何かで読んで着け始めました。

W社、B社、D社、G社…と結構ノンワイヤーで対応しているブラを買いまくったのですが、どうもしっくりこなくて…。

そして着けていて、自分の条件がはっきりと見えてきたのです。

  • ノンワイヤー、ノンホックは必須!
  • パッドがついていること(休日はそのまま部屋着状態に突入するし(笑))
  • タグや縫い目がチクチク、ゴロゴロしないもの
  • フィット感がありつつ、締付感がないもの
  • 生地の伸縮性(着けていて楽かどうか)

と、こんなあたりがチェックポイントだと思っていました。一つクリアできても他がダメ…となかなかパーフェクトなナイトブラにはなかなか出会えなかったのですけれど…。

 

 

ジニエブラエアーは今のところ私的にはパーフェクトです♪

 

 

サイズの選び方・着用の仕方・お手入れの仕方

ちょっと長くなってしまったのですが、最後に、選ぶ上で気になりそうなポイントをいくつかあげてみます。

 

〈サイズ〉

サイズの選び方ですが、実は私、普段はブラによって70のCかDを着用しているのですけれど、サイズ表を見ると(画像は許可をいただいた上でダイレクトテレショップ様よりお借りしています。)ちょうどMかLかというボーダーラインなんですよね。

 

 

それで、スタッフさんにお尋ねしたところ、そういう場合は、自分がどんな着用感を求めているのかで選んで大丈夫ですとのことでした。

フィット感がある下着を好む人は小さい方のサイズ(私の場合「M」サイズ)を。

下着の締め付け感が苦手な人は大きい方のサイズ(私の場合「L」サイズ)を。

とのこと。

「ジニエブラエアー」を購入される方たちは、ワイヤーが入っている締め付け感が苦手な人が多いので、大きめの方を選ばれる方が多いのだそうです。

 

〈着用の仕方〉

これも特徴がありますよ♪

着用する時は上からかぶりません!!

パンツをはくように、下から着けていくのです。

実は私、五十肩(四十肩)を患っておりまして、普通のブラの着脱も結構大変だったのですよ。ホックは前で止めてぐるっと回してとしばらくはやっていたのですが、ジニエブラエアーのような着け方だと、楽に着用できるということもわかりました。これは思いがけず、ありがたかったです(笑)!

しかも、お胸を下から持ち上げてくれるように着用できるので、着脱時のお胸の負担が結構減っているような気がします。

年齢を重ねてくるとこういう日々のフォローがあるのとないのとでは大きく違ってくるのではないのかなぁと思います。

 

〈洗濯〉

パッドを入れたままの状態でネットに入れて洗濯機洗いができます。手洗い表記じゃないところも嬉しいですね!

そしてなんと! ダイレクトテレショップのスタッフさんは、ネットにも入れずにガンガンお洗濯されていると(笑)! 「意外と大丈夫なんですよ〜」とおっしゃられていました。

扱いも楽なブラは本当にありがたいですよね。

 

 

ということで、ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

もし、ジニエブラエアーが気になった方は、ぜひダイレクトテレショップさんのページでご確認ください。動画などで、着用の仕方などもみることができますよ。この記事では「ベイビーブルー」「リッチブラック」でご紹介させていただきましたが、他にも可愛いカラーがたくさんありますよ。

気になった方、購入したくなった方はこちらからどうぞ。

 

ジニエブラエアー

 

 

 

ジニエブラエアー
 

 

———- スポンサードリンク ———-


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です