幸せも運んできてくれそうな「AETHER(エーテル)」のキーケースは50代だって持ちたいの♪

「AETHER(エーテル)」様の「BELLEMALE(ベルメール)」という名前のキーケース。すごく素敵なキーケース。

白い箱にゴールド? のロゴ。箱を開けてご対面した瞬間から、ときめいてしまって、そっと手にとってみるとその感触に惚れ直し(笑)。

 

厳選された羊の革を、女性目線での職人作業で加工されたキーケースです。ご縁があって、お試しさせていただきました。

 

●「AETHER(エーテル)」に並んでいるのはキュンとする革(笑)たち

革のキーケースのイメージって、しっかりしたイメージだけど、このキーケースを見てどう思われますか?

 

「ザ・革!」的なイメージじゃなくて、やんわりと、そしてなんとなく儚げで、透明感すら感じさせてくれる繊細な印象。そんな素材から作られたキーケースは、まさに女性のためのもののようですよね。

「AETHER(エーテル)」さんには、こういう繊細な素材、心ときめく色の革の小物類がたくさん並んでいます。

 

キーケースを始め、カードケース、バッグ、スマホケース、チャーム付きブレスレット、バッグチャーム、ポーチ、ミラー…。

眺めていると、ああ、私だったら、これを持ちたいかな? こっちがいいかな? いやいやあっちかな? と間違いなく迷います(笑)。

 

50代を過ぎてくると、こういう「ときめく物」を集めたくなりませんか? しかも、小さなものほど、自分に寄り添ってくれるキュンとするものを探したくなってくる年齢じゃないかと思うのです。

 

●ベルメールはこんなキーケース

さて、お話しを「ベルメール」に戻しましょう。

このベルメールの素材はシープレザー。羊さんの革です。
それを、こだわり抜かれた品のあるカラーで染色し、表面にギャザーのようなしわを寄せ、エナメル加工が施されている手の込んだ革が使われています。

表面をよく見ると、まるで水面の波のように見えてきます。

 

 

この加工は「シェブロン加工」というのだそうです。立体的に波打った凹凸のある表面に、エナメルのグロス効果が加わり、光の加減によって表情が変わって見える、まさに大人の女性が持ちたい革じゃないでしょうか。

これは「アンティークローズ」というカラーになります。
まるで幸せを運んできてくれるかのようなカラーですよね。

 

 

50代にもなると、なかなかピンク系のお洋服は着られないけれど、本当は好きなのよね…なんて思う方もいらっしゃるかもしれませんが、こういう小物ならば、大好きなカラーを持って歩けますよね。ジーンズなどのカジュアルなお洋服との相性も佳き♪

 

 

内側には、キー金具が4つついています。
こちらもロゴと同じゴールドカラー。

そして、折りたたむ部分は革の裏に厚手の裏地がついていて、こちらも光沢感が少しありながらも上品な生地カラーになっています。裏地もしっかりしているので、破れてくるような心配はあまりなさそうです。

このほかに、ヌードベージュ、ウォーターブルーと、3色展開です。ベージュもくすんだベージュじゃなくて、こんな華やかなベージュがあったのねという感じの色ですよ♪

●お手入れが楽なタイプの革製品

やはり革製品なので、お手入れが…と思われる方、安心してください!
このコロナ禍においては、お出かけしたあと触ったりしたら、拭きたかったりしますよね。

革ってお水を嫌ったりするので、今の時代に革はマッチしないのではないかしら…? 正直なところ、私は最初そう思っていました。

が、この革の表面の加工は、水分に強くて、ある程度の撥水効果もあるのだそうです。

おそるおそるお水を垂らしてみました。

 

 

多分、普通の革製品だったら、じんわりと滲みていって、「しみ」になってしまったりすると思うのですが、弾く感じで広がらずに表面張力を保つように留まっていました。多分、斜めにするとスルっとお水が落ちていくと思います。

 

 

柔らかな布で拭いてあげると、何もなかったかのようでした。

これ大事ですよね!!
絶対大事!!!!!

こういうお手入れができる革製品、最高です。

上質な革でありながら、お気に入りの手触りの革でありながら、使う頻度の高いキーケースでも惜しげもなく使うことができるということです。なんて素敵な仕様なのでしょう!

 

 

まもなく、クリスマスがやってきますが、今年は特に暗い世の中に感じたけれど、頑張れた自分へのご褒美にちょっとテンションの上がるキーケースなどプレゼントしてあげても良いのではないでしょうか?

これ、本当にオススメです!

 

他のカラーも見たい方、もっと「ベルメール」を知りたい方はこちらからどうぞ。
BELLEMALE(ベルメール)

そして、その他にも押し花をそのまま型押ししたようなシリーズや、色鮮やかなお花の絵が施されているシリーズなども揃っている「AETHER(エーテル)」の公式ページはこちらからどうぞ。
AETHER(エーテル)



+++++スポンサードリンク+++++


タイトルとURLをコピーしました