50代、60代だからこそ、梅雨、暑い夏に向かって使いたくなるアルティミューンの打ち水のようなミスト

ここのところ急に暑くなってきたので、体が追いつかない感じです。
熱射病・熱中症にならないように、水分補給をしっかりしましょう。

体内の水分補給もとても大切なのですが、暑くなってくると特に私たち世代は、お顔もほてりがちだし、汗もふき出しがちだし、冷たさを感じるミストをシュッシュと吹きかけて、すっきりしたくなりませんか?

古くから日本の夏の習慣となっている「打ち水」をお顔にもという発想に心惹かれて、資生堂さんの「アルティミューン」シリーズの「ディフェンス リフレッシュミスト」を購入してみました。

清涼感もありつつ、冷房からの乾燥対策にも使えるミスト美容液です♪

*コロナ禍も加わった過酷な暑い季節は断然ミストを使いたくなる!

マスク生活が続いているわけですが、暑くなってくると特にマスクの中が蒸れたり、余計に暑く感じますよね。

そんな時には、マスクをちょこっと外してミストをシュッとひと吹きしてあげると少し楽になるような気がします。

実はマスクをしている時だけではなく、私はこういう生活が始まる以前から、仕事の時に愛用していました。お仕事が煮詰まってくると・・・シュッと顔に吹きつけてあげるだけで、リセットできたりするからです。

会社にいると、なかなか顔は洗えないじゃないですか(笑)。でもミストなら手軽にできるから。ミストはこの季節に限らず、そしてコロナ禍に限らず、実は年中重宝したりします。

だけど、さらに過酷な現状となった今は、ますますこの「ひと吹き」が、重宝すると思うのです。

だから、お気に入りのミストを探してみるのも良いのではないでしょうか?

*私がアルティミューンのミストを選んだ理由

私が「アルティミューン」の「ディフェンス・リフレッシュミスト」に注目した一番の理由、それは、「ウチミズテクノロジー」を採用♪ という言葉(笑)。

 日本の夏の習慣「打ち水」から発想を得た『アルティミューン ディフェンス リフレッシュミスト』は、暑さによるべたつき、紫外線による乾燥でバランスをくずしがちな夏の肌を整えてくれるミスト状美容液です。

お肌に「打ち水」だなんて、すごく気持ち良さそうに聞こえてきちゃって、一番惹かれた部分は実はココでした(単純かっ←自分つっこみ(笑))。

そして、どんなミストなのかと資生堂さんのページを読み進めていくと、お水だけじゃなく、ちゃんと美容成分も入っている美容液だということがわかったのです♪

 

実は私、以前は、ラ ロッシュ ポゼの「ターマルウォーター」(ラ ロッシュ ポゼ村天然の湧水をボトリングした顔・ボディ用ミスト状化粧水)というミストを使っておりまして、これもすごく気持ちよかったし自分に合っていてよかったのですが(敏感肌の人にはオススメです!)、一つだけ気になっていたことがありまして…。

容器の問題なのですけれど、こちらはスプレー缶。

ターマルウォーター

(写真はちょっと古めのパッケージで微妙にデザインが違っているかもしれません。ごめんなさい。)

スプレー缶って、使いきった後、穴をあけて処分しなければいけませんよね。もう、本当にものぐさで申し訳ないのですが、意外とそれがストレスになってしまって・・・。

あと、だんだんお水主流(化粧水系)のミストだけだと、お顔につけたあと、実はつっぱり感を覚えるようになりまして。もう少し保湿系の要素が欲しいなぁと常々思っていたのです。

アルティミューンのミストは、そんなあたりもクリアできて、しかも美容液としての要素も入っているのが嬉しいなと思ったのです。

容器も軽くて丈夫そうで、とにかく手軽に持ち運びできるのもポイントが高いと思います。

 

*「アルティミューン ディフェンス リフレッシュミスト」の使い方、使ってみた感想

使い方という章をたてるほどではありませんが(笑)、素肌やメイクアップの上から使用できます!

 顔から約15cmくらい離し、軽く目を閉じて顔全体に数回スプレーした後、手のひらで軽くなじませます。

使ってみてまず一番最初に感じたことは「香り」。上記のラ ロッシュ ポゼのターマルウォーターは香りが全くなかったので、正直なところ、少し戸惑いを覚えました。「香り」は、好みもあるので、一概には言えないけれど、「グリーンフローラル」の香りは、涼やかな香りに感じます。

リフレッシュできる香りですね!
仕事が煮詰まってどんよりした時には元気が出るように思います。

そして、つけた時の「ひんやり感」!

「夏しか使えないくらいひんやりさせたい」という開発者のインタビューを読ませていただいていたのですが、なるほどと納得しました。

ちょっと刺激があるようにも感じますが、慣れてくるとこの2点が「クセ」になってリピートしたくなるポイントじゃないかと思います。

汗やべたつきの元になる皮脂にアプローチしてくれている感じもこの「ひんやり感」のおかげなのか、実感します。

乾燥のダメージからも守ってくれる「アルティミューン」の美容液=「ディフェンス」的な要素も加わっているので、使っていても守られているなと安心感もありますね。

テクスチャ的には、「マイクロミスト」と謳われている通り、ミストが細やかで柔らかな印象です。

十分、顔に吹きかけても、気持ちよくて、もう少し、もう少し…!!! と、ふきかけていたくなるような感触です(笑)。

この「ディフェンス リフレッシュミスト」は、数量限定・なくなり次第終了(昨年も初夏に販売されました)の販売なので、逃してしまうと来年までまた会えないかもしれません。

そして、持ち運びに便利なサイズでの販売ということなのか、30mlの本体と同容量のレフィルの2本入ったセットでの販売になっています。

お値段は税込7,920円とちょっとお高めに感じますが、リフレッシュしたいこと、お顔に「打ち水」をしたいことなどを目的に購入した私的には納得の価格に感じました。この夏は頼り切って過ごせそうです。

気になった方は、下記からどうぞ。

資生堂ワタシプラス → SHISEIDO アルティミューン ディフェンス リフレッシュミスト

楽天で探す → 楽天でディフェンス リフレッシュミストを探す

タイトルとURLをコピーしました